EDと生理不順の治療院について

EDは勃起不全なのでセックスをしている最中に勃起が維持できないのが主な症状で、セックスの満足度が低下することでパートナーとの関係がうまく行かなくなったり、セックスレスになることもあるので、早期の治療が必要なのですが、原因として考えられているのはストレスで、脳が不安や苛つきなどの感情的な興奮をすることで交感神経が刺激されてペニスの血液が減少することでEDになります。EDを予防するためには職場や家庭でのストレスを減らして、リラックスの出来る環境づくりをしなければなりませんが、勃起改善薬を服用することで一時的に勃起状態を維持することができるので、ほとんどのED患者が勃起改善薬で正常なセックスを行っています。根本的に治療をする場合には心理カウンセリングなどを受けなければならないので、半年から一年以上の治療期間を必要とします。女性の場合は生理を正常にするために治療院などで鍼治療やマッサージを受けることで生理周期を整えてセックスに集中できる体質を作ることができますが、女性の性欲減退には女性ホルモンの働きが関係しているので、治療院で生理周期を整えたら、ピルを服用してホルモンバランスを整えなければなりません。基本的には低用量ピルなどは避妊を目的として投与されていますが、子宮内膜症や子宮筋腫などの治療のために処方されることも多いので、治療院で生理不順の治療をするとともにピルによるホルモンバランスの調整を行うことで正常なセックスをすることができます。夫婦間において定期的にスキンシップをとることは非常に重要なことなので、夫婦間で話し合いながらEDや性欲減退を解決していくことが大切で、十分なコミュニケーションをとることで夫婦生活が安定します。