EDの名称の問題と薬販売店の信頼性

EDは一般的には勃起をすることが可能であり、さらに性欲もありますが、その状態を維持するのが難しい状態で、セックスをしている途中で萎えてしまったり、短時間で射精をしてしまう状態です。基本的にはストレスが大きいとEDになりやすいとされているので、認知行動療法や薬で原因を取り除くことで満足できるセックスができるようになります。EDと同様の症状にインポテンツがありますが、日本では名称が違うだけで同じ病気として扱われることが多いのですが、実際にはインポテンツという名称で呼ぶ場合は外傷や病気、トラウマなどで勃起が出来ない病気で、勃起不全という名称でも呼ばれることがあります。アメリカやヨーロッパではEDとインポテンツは明確に区別されていますが、日本では同じように扱われているので、重症度に応じて適切な治療を受けることが大切です。薬販売店は従来のようなドラッグストアや薬局などの他に最近ではインターネットの個人輸入代行業者があるので、利用者は自分にあった方法で薬を手に入れることが出来るようになっていますが、重篤な症状の薬を医療機関に指定されている薬販売店以外で購入してしまうと副作用が出た場合の対処が遅れてしまう可能性もあります。かかりつけ医の存在は非常に重要で、カルテ等には過去の症状や薬の服用などの履歴があるので、重篤な症状が出た場合にはそれを参考にして治療を行うことができます。また通常の薬販売店では薬剤師が常駐していて、適切なアドバイスを受けることができるので、副作用や飲み合わせなどのリスクを低下させることができますが、自分の判断でネットで薬を購入してしまうと肝臓などに対する負担なども考慮しないので、将来的なリスクが高まる恐れがあります。